伝統技術の継承~荒廃した古民家を復元! | 神戸・芦屋・西宮のリフォーム、リノベーションは河原工房

  • 河原工房リノベーションスタジオ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-36-1031 メールでのお問い合わせ
  • tel:0120-36-1031

施工実績

施工実績

伝統技術の継承~荒廃した古民家を復元!

兵庫県西宮市 S様邸

  • 職人さんから~未来を担う若者たちへ
    <受け継がれる古民家の技術>

    瓦が割れている箇所から雨漏りしていたり、傾いている柱があったり、朽ちていくのをただ待つだけの状態だったS様の古民家。今は借り手も無く、S様も困り果てていました。当初は取り壊す予定でしたが、実際に見てみれば、歴史的価値のある素晴らしい建物と判明! この古民家を何とか蘇らせようと、河原工房・古材問屋さん・武庫川女子大学の学生によって作られた「古民家族」が、復元活動をスタートさせました。河原工房と職人さんたちの「伝統工法を後世に伝えたい」、S様の「地域や学生の役に立ちたい」、古民家族の「伝統工法を学びたい」という3者の強い思いが実り、9年目には茅葺き屋根が完成! プロジェクトは現在も進行中です。

  • data

    エリア 兵庫県西宮市
    工事内容 古民家復元
    面積
    構造 木造戸建住宅
    築年数 170年
    工事費用
    工事日数
  • before

  • before

  • before

  • before

  • およそ築170年!
    合掌造りの起源「サス敷き」

    S家を解体して知る、歴史的価値の高い工法。使われていた刃物跡や工法・材から、築170年程の民家であると判明。合掌造りの起源であるサス敷き等が使われている、過渡期に建てられたとわかりました。

    kkrsjirei-ssama-after160808-047

    kkrsjirei-ssama-after160808-001
    ↑槍ガンナで仕上げられた500年前の材を使用した式台。

  • 再生ではなく「復元」、道具も当時の物を。

    S家の価値ある古民家を蘇らせるにあたり、大切なことは昔の技術で「復元」すること。復元の過程は、技術の継承です。道具も当時の物を使いますが、現存しているものは殆どないため、復元は道具から始めます。その道具を使って、いよいよ復元が始まります。


    ↑茅葺きに使う道具「はり」と「かぎ」

  • 古民家は最新の「循環型住居」

    S家の復元で使う茅は、古民家族が持つ茅場から調達。葺きなおした後の古い茅は茅場の肥やしとして再利用!
    土壁は剥がしたものを再利用。土は藁を混ぜて腐らせて発酵したもの。古民家はごみを出さない最新の「サスティナビリティ」な循環型住居なのです。

    kkrsjirei-ssama-before160808-006
    ↑土壁の土もリサイクル!

  • 9年目、「茅葺き屋根」の完成!

    こうして歴史あるS様の古民家を、「古民家族」の大学生たちと河原工房が学びを重ね、復元していくという過程を繰り返し、9年目に美しい茅葺き屋根が完成しました。

  • 地域活性化に役立つ
    「古民家トイレ」の復元がスタート!

    次なるテーマは「トイレの復元」です。この地域(西宮市船坂)はビエンナーレという地域活性化のための芸術祭を行っているのですが、付近にトイレが少ないため、来訪者の方にも伝統工法の技術と美しさを知ってもらおうと、便所跡を復元する「古民家トイレ」作りがスタート!現在進行中です。

       

    ↑職人さんに教わりながら、竹小舞でトイレ内部の間仕切りをつくる「古民家族」の学生たち。

  • トイレの屋根は、藁を編んだものを軸組みにのせ、針刺しと針受けで茅葺き屋根と同じように固定していく「苫葺き屋根」という工法です。

       
     kkrsjirei-ssama-before160808-001

  • data

    エリア 兵庫県西宮市
    工事内容 古民家復元
    面積
    構造 木造戸建住宅
    築年数 170年
    工事費用
    工事日数
  • data

    屋根(母屋) 茅葺き屋根
    屋根(トイレ) 苫葺き屋根
    壁(トイレ) 土壁 / 下地 竹小舞

  • 職人さんから~未来を担う若者たちへ
    <受け継がれる古民家の技術>

    瓦が割れている箇所から雨漏りしていたり、傾いている柱があったり、朽ちていくのをただ待つだけの状態だったS様の古民家。今は借り手も無く、S様も困り果てていました。当初は取り壊す予定でしたが、実際に見てみれば、歴史的価値のある素晴らしい建物と判明! この古民家を何とか蘇らせようと、河原工房・古材問屋さん・武庫川女子大学の学生によって作られた「古民家族」が、復元活動をスタートさせました。河原工房と職人さんたちの「伝統工法を後世に伝えたい」、S様の「地域や学生の役に立ちたい」、古民家族の「伝統工法を学びたい」という3者の強い思いが実り、9年目には茅葺き屋根が完成! プロジェクトは現在も進行中です。

  • data

    エリア 兵庫県西宮市
    工事内容 古民家復元
    面積
    構造 木造戸建住宅
    築年数 170年
    工事費用
    工事日数
  • before

  • before

  • before

  • before

  • およそ築170年!
    合掌造りの起源「サス敷き」

    S家を解体して知る、歴史的価値の高い工法。使われていた刃物跡や工法・材から、築170年程の民家であると判明。合掌造りの起源であるサス敷き等が使われている、過渡期に建てられたとわかりました。

    kkrsjirei-ssama-after160808-047

    kkrsjirei-ssama-after160808-001
    ↑槍ガンナで仕上げられた500年前の材を使用した式台。

  • 再生ではなく「復元」、道具も当時の物を。

    S家の価値ある古民家を蘇らせるにあたり、大切なことは昔の技術で「復元」すること。復元の過程は、技術の継承です。道具も当時の物を使いますが、現存しているものは殆どないため、復元は道具から始めます。その道具を使って、いよいよ復元が始まります。


    ↑茅葺きに使う道具「はり」と「かぎ」

  • 古民家は最新の「循環型住居」

    S家の復元で使う茅は、古民家族が持つ茅場から調達。葺きなおした後の古い茅は茅場の肥やしとして再利用!
    土壁は剥がしたものを再利用。土は藁を混ぜて腐らせて発酵したもの。古民家はごみを出さない最新の「サスティナビリティ」な循環型住居なのです。

    kkrsjirei-ssama-before160808-006
    ↑土壁の土もリサイクル!

  • 9年目、「茅葺き屋根」の完成!

    こうして歴史あるS様の古民家を、「古民家族」の大学生たちと河原工房が学びを重ね、復元していくという過程を繰り返し、9年目に美しい茅葺き屋根が完成しました。

  • 地域活性化に役立つ
    「古民家トイレ」の復元がスタート!

    次なるテーマは「トイレの復元」です。この地域(西宮市船坂)はビエンナーレという地域活性化のための芸術祭を行っているのですが、付近にトイレが少ないため、来訪者の方にも伝統工法の技術と美しさを知ってもらおうと、便所跡を復元する「古民家トイレ」作りがスタート!現在進行中です。

       

    ↑職人さんに教わりながら、竹小舞でトイレ内部の間仕切りをつくる「古民家族」の学生たち。

  • トイレの屋根は、藁を編んだものを軸組みにのせ、針刺しと針受けで茅葺き屋根と同じように固定していく「苫葺き屋根」という工法です。

       
     kkrsjirei-ssama-before160808-001

  • data

    エリア 兵庫県西宮市
    工事内容 古民家復元
    面積
    構造 木造戸建住宅
    築年数 170年
    工事費用
    工事日数
  • data

    屋根(母屋) 茅葺き屋根
    屋根(トイレ) 苫葺き屋根
    壁(トイレ) 土壁 / 下地 竹小舞

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら河原工房.All Rights Reserved.

tel:0120-36-1031

facebook

  • HDC神戸店

    〒650-0044
    神戸市中央区東川崎町1-2-2
    ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 西宮店
    (ラ・フェルム神戸)

    〒662-0912
    兵庫県西宮市松原町9-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 高槻店

    〒569-0823
    大阪府高槻市芝生町3-2-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら
河原工房.All Rights Reserved.