ノスタルジーを呼び覚ます週末住宅 | 神戸・芦屋・西宮のリフォーム、リノベーションは河原工房

  • 河原工房リノベーションスタジオ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-36-1031 メールでのお問い合わせ
  • tel:0120-36-1031

施工実績

施工実績

ノスタルジーを呼び覚ます週末住宅

大阪府豊能郡 G様邸

  • 古民家の「伝統」を残しながら
    週末住宅として快適に「住まう」。

    お施主様G様のご自宅から1時間もかからない山間の小さな集落に、この古民家は建ち続けていました。そこには誰もが懐かしく想う「心のふるさと」のようなノスタルジーと本物の空間がありました。教育者でもあるG様は、学生たちのセミナーハウスにも使える週末住宅をお考えで、この古民家との出会いに「本物の空間で学んでこそ意義がある」とリノベーションがスタート! 伝統工法のワークショップを交えながら、古民家の伝統と心を受け継ぐとともに、寒さを軽減するなど快適に住めることも大切にした、誰もが集える週末住宅へと生まれ変わりました。

  • data

    エリア 大阪府豊能郡
    工事内容 古民家再生 全面改装
    面積 130㎡ → 112㎡
    構造 木造戸建住宅(平屋)
    築年数 300年
    工事費用 約1970万円
    工事日数 220日
    家族構成 ご夫婦+子供3人
  • before

  • before

  • before

  • before

  • 減築により、本来の姿を取り戻す
    濡れ縁のある母屋

    水周りの増設などで増築され、混然としていた外観を、減築により、本来の佇まいに戻しました。雨仕舞や風通しを悪くしていた増築部を取り除いたことで、古民家の澄んだ空気も取り戻し、新たに濡れ縁をつくりました。幅広でとても気持ちいいです♪

       

    kkrsjirei-gsama-after210712-47

  • 心で感じ、手を動かす
    「伝統工法ワークショップ」

    この古民家がどのように価値があるのかを知って頂きたいという想いから、G様に職人さんの手ほどきのもと、伝統工法をワークショップで体験していただきました。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-43-加工

    「竹子舞」「土壁塗り」などの伝統工法を体験していただいた「蔵」。母屋と同じく余分な増築を取り払い、美しく蘇りました。内部については今後のお楽しみ♪ G様の夢が拡がります。

  • 郷愁を誘う玄関ホール

    長年の間に上貼りされていた既存の天井を取り除き、古民家特有の天井を再生。壁は土壁を塗り込め、木と土に温かく包まれた玄関ホールが完成しました。ふるさとのような懐かしさを醸しながら、訪れる人を迎え入れてくれます。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-42
    玄関扉は、引き違い戸(YKKapれん樹)を採用。複層ガラスの断熱仕様で、夏も冬も快適になりました。

  • 学生たちのセミナーハウスにも!
    皆が集える18帖の大きなLDK空間

    家族・親戚・友人の集いの場に。そして、このリノベーションのきっかけとなった学生たちのセミナーハウスにも使える、18帖の大きなLDKをつくりました。梁と竹天井がノスタルジックな、古民家ならではのダイナミックな空間に、心も大らかに拡がります。

       

    kkrsjirei-gsama-after210712-07-1

  • 会話の弾む対面キッチン

    そして、集いに欠かせないのが「食」です。

    皆が会話しながらキッチンを囲んで作業できるよう、機能的なシステムキッチンを用いて、対面プランに設計しました。古民家の空間に馴染むよう、板張りの腰壁と換気フードの目隠し壁も設置。昔ながらの食器棚がとても似合っていますね♪

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-28

  • 蘇った貴重な「書院」のある和室

    明り障子に飾り細工、木製建具など、昔の職人さんの手仕事がしっかりと残る「書院」のある和室。老朽化したこの古民家の中で、本来の姿が最も残っていましたが、全く手入れされていませんでした。このリノベーションで美しく手入れをし、蘇らせて、伝統を受け継いでいきます。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-70
    柔らかな光を取り込む「明り障子」。

  • ノスタルジックな表情いろいろ

    古民家の伝統と心を 次の時代に繋いでいくためにも、細部が表現するノスタルジックな表情を大切にしました。
       
    貴重な伝統工法をあえて見えるようにした茅葺き屋根の内側。懐かしさを誘う古き良きガラス戸。昔の職人さんの手仕事を伝える飾り細工。そして新しい照明もノスタルジックなデザインを選ぶなど、ちょっとした細部の積み重ねが、誰もが懐かしく想うことができるノスタルジーな空間をつくり上げていきます。

  • ベッドの置けるクローゼット付き寝室

    この古民家リノベーションのコンセプトは、伝統を残しながら、週末住宅として快適に住まうことにもあります。
        
    休息できる週末住宅として、また、将来子供たちが成長した後は、夫婦の住まいとして移り住むことも見据え、ベッドの置けるフローリングの洋間を設けました。押入れだった場所は、大容量のクローゼットに。開口部は「濡れ縁」に面し、そのまま庭に出入りできます。

  • 現代の快適性(1)
    複層ガラスで寒くない家へ

    古民家を受け継いでいくためにも、現代の機能的な製品を取り入れて、快適な住まいを実現しました。

       

    古民家が空家になる大きな原因の1つは、冬の寒さです。そこで、開口部は断熱性に優れる複層ガラスサッシに全て取り替えました。寒さに加え、酷暑の冷房効率も大幅にアップ! 縁側については、趣きのある木製建具を内側に残し、外側にサッシを設置。ノスタルジーな空間性を大切にしました。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-78

  • 現代の快適性(2)
    ストレスフリーな水周り

    快適な暮らしができるよう、水周り(トイレ・バス・洗面)には使い勝手のよい設備を採用。「ストレスフリー」がこれからの古民家スタイルです。将来も見据え、床の段差を無くすなど、バリアフリーも心がけました。
       
    空間は全て清潔感ある白を基調にデザイン。
    トイレには、アラベスク柄のフロアで遊び心もプラス♪ 和のノスタルジーと絶妙にマッチしています。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-13-2 kkrsjirei-gsama-after210712-08

  • data

    エリア 大阪府豊能郡
    工事内容 古民家再生 全面改装
    面積 130㎡ → 112㎡
    構造 木造戸建住宅(平屋)
    築年数 300年
    工事費用 約1970万円
    工事日数 220日
    家族構成 ご夫婦+子供3人
  • data

    無垢フローリング / 杉
    漆喰・土壁
    サッシ 全て YKKap / フレミングJ
    玄関扉 YKKap / れん樹(引き違い戸)
    トイレ TOTO / ピュアレストQR(ホワイト)

  • 古民家の「伝統」を残しながら
    週末住宅として快適に「住まう」。

    お施主様G様のご自宅から1時間もかからない山間の小さな集落に、この古民家は建ち続けていました。そこには誰もが懐かしく想う「心のふるさと」のようなノスタルジーと本物の空間がありました。教育者でもあるG様は、学生たちのセミナーハウスにも使える週末住宅をお考えで、この古民家との出会いに「本物の空間で学んでこそ意義がある」とリノベーションがスタート! 伝統工法のワークショップを交えながら、古民家の伝統と心を受け継ぐとともに、寒さを軽減するなど快適に住めることも大切にした、誰もが集える週末住宅へと生まれ変わりました。

  • data

    エリア 大阪府豊能郡
    工事内容 古民家再生 全面改装
    面積 130㎡ → 112㎡
    構造 木造戸建住宅(平屋)
    築年数 300年
    工事費用 約1970万円
    工事日数 220日
    家族構成 ご夫婦+子供3人
  • before

  • before

  • before

  • before

  • 減築により、本来の姿を取り戻す
    濡れ縁のある母屋

    水周りの増設などで増築され、混然としていた外観を、減築により、本来の佇まいに戻しました。雨仕舞や風通しを悪くしていた増築部を取り除いたことで、古民家の澄んだ空気も取り戻し、新たに濡れ縁をつくりました。幅広でとても気持ちいいです♪

       

    kkrsjirei-gsama-after210712-47

  • 心で感じ、手を動かす
    「伝統工法ワークショップ」

    この古民家がどのように価値があるのかを知って頂きたいという想いから、G様に職人さんの手ほどきのもと、伝統工法をワークショップで体験していただきました。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-43-加工

    「竹子舞」「土壁塗り」などの伝統工法を体験していただいた「蔵」。母屋と同じく余分な増築を取り払い、美しく蘇りました。内部については今後のお楽しみ♪ G様の夢が拡がります。

  • 郷愁を誘う玄関ホール

    長年の間に上貼りされていた既存の天井を取り除き、古民家特有の天井を再生。壁は土壁を塗り込め、木と土に温かく包まれた玄関ホールが完成しました。ふるさとのような懐かしさを醸しながら、訪れる人を迎え入れてくれます。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-42
    玄関扉は、引き違い戸(YKKapれん樹)を採用。複層ガラスの断熱仕様で、夏も冬も快適になりました。

  • 学生たちのセミナーハウスにも!
    皆が集える18帖の大きなLDK空間

    家族・親戚・友人の集いの場に。そして、このリノベーションのきっかけとなった学生たちのセミナーハウスにも使える、18帖の大きなLDKをつくりました。梁と竹天井がノスタルジックな、古民家ならではのダイナミックな空間に、心も大らかに拡がります。

       

    kkrsjirei-gsama-after210712-07-1

  • 会話の弾む対面キッチン

    そして、集いに欠かせないのが「食」です。

    皆が会話しながらキッチンを囲んで作業できるよう、機能的なシステムキッチンを用いて、対面プランに設計しました。古民家の空間に馴染むよう、板張りの腰壁と換気フードの目隠し壁も設置。昔ながらの食器棚がとても似合っていますね♪

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-28

  • 蘇った貴重な「書院」のある和室

    明り障子に飾り細工、木製建具など、昔の職人さんの手仕事がしっかりと残る「書院」のある和室。老朽化したこの古民家の中で、本来の姿が最も残っていましたが、全く手入れされていませんでした。このリノベーションで美しく手入れをし、蘇らせて、伝統を受け継いでいきます。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-70
    柔らかな光を取り込む「明り障子」。

  • ノスタルジックな表情いろいろ

    古民家の伝統と心を 次の時代に繋いでいくためにも、細部が表現するノスタルジックな表情を大切にしました。
       
    貴重な伝統工法をあえて見えるようにした茅葺き屋根の内側。懐かしさを誘う古き良きガラス戸。昔の職人さんの手仕事を伝える飾り細工。そして新しい照明もノスタルジックなデザインを選ぶなど、ちょっとした細部の積み重ねが、誰もが懐かしく想うことができるノスタルジーな空間をつくり上げていきます。

  • ベッドの置けるクローゼット付き寝室

    この古民家リノベーションのコンセプトは、伝統を残しながら、週末住宅として快適に住まうことにもあります。
        
    休息できる週末住宅として、また、将来子供たちが成長した後は、夫婦の住まいとして移り住むことも見据え、ベッドの置けるフローリングの洋間を設けました。押入れだった場所は、大容量のクローゼットに。開口部は「濡れ縁」に面し、そのまま庭に出入りできます。

  • 現代の快適性(1)
    複層ガラスで寒くない家へ

    古民家を受け継いでいくためにも、現代の機能的な製品を取り入れて、快適な住まいを実現しました。

       

    古民家が空家になる大きな原因の1つは、冬の寒さです。そこで、開口部は断熱性に優れる複層ガラスサッシに全て取り替えました。寒さに加え、酷暑の冷房効率も大幅にアップ! 縁側については、趣きのある木製建具を内側に残し、外側にサッシを設置。ノスタルジーな空間性を大切にしました。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-78

  • 現代の快適性(2)
    ストレスフリーな水周り

    快適な暮らしができるよう、水周り(トイレ・バス・洗面)には使い勝手のよい設備を採用。「ストレスフリー」がこれからの古民家スタイルです。将来も見据え、床の段差を無くすなど、バリアフリーも心がけました。
       
    空間は全て清潔感ある白を基調にデザイン。
    トイレには、アラベスク柄のフロアで遊び心もプラス♪ 和のノスタルジーと絶妙にマッチしています。

       
    kkrsjirei-gsama-after210712-13-2 kkrsjirei-gsama-after210712-08

  • data

    エリア 大阪府豊能郡
    工事内容 古民家再生 全面改装
    面積 130㎡ → 112㎡
    構造 木造戸建住宅(平屋)
    築年数 300年
    工事費用 約1970万円
    工事日数 220日
    家族構成 ご夫婦+子供3人
  • data

    無垢フローリング / 杉
    漆喰・土壁
    サッシ 全て YKKap / フレミングJ
    玄関扉 YKKap / れん樹(引き違い戸)
    トイレ TOTO / ピュアレストQR(ホワイト)

  • HDC神戸店

    〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-2-2 
    ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:水曜

    >MAPを見る

  • 西宮店

    〒662-0912兵庫県西宮市松原町9-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:水曜・祝日

    >MAPを見る

  • 高槻店

    〒569-1142
    大阪府高槻市宮田町2丁目1-29サンワビル102号
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら河原工房.All Rights Reserved.

tel:0120-36-1031

facebook

LINE

  • HDC神戸店

    〒650-0044
    神戸市中央区東川崎町1-2-2
    ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 西宮店
    (ラ・フェルム神戸)

    〒662-0912
    兵庫県西宮市松原町9-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 高槻店

    〒569-1142
    大阪府高槻市宮田町2丁目1-29サンワビル102号
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら
河原工房.All Rights Reserved.