ゼロエネ住宅への道のり その1 高断熱編 | 神戸・芦屋・西宮のリフォーム、リノベーションは河原工房

  • 河原工房リノベーションスタジオ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-36-1031 メールでのお問い合わせ
  • tel:0120-36-1031

リノベーションスタジオブログ

リノベーションスタジオブログ

2017.01.15

ゼロエネ住宅への道のり その1 高断熱編

こんにちは!
神戸、芦屋、西宮市周辺でアンティークな雰囲気のリノベーションや
古民家再生リフォームを手がけている河原工房リノベーションスタジオです。

先日ご紹介させていただいた『Net Zero Energy House ネット ゼロ エネルギー ハウス=ZEH(ゼッチ)って?』を参考にしながら、完成間近の「ゼロエネ住宅」の施工の様子をご覧頂き、もう少し詳しくご案内できたらと思っております!

では早速・・・

【ゼロエネルギーの3本柱】

高断熱 + 高気密 + 太陽光

この3つが”ゼロエネルギー”の軸になっています。

「断熱」や「太陽光」は私もよく耳にしますが、それよりも『高』がつけられた「高断熱」「高気密」。一体どんなことを差すのかな・・・と、ものすごく興味津々!今回は「高断熱」を取り上げてみますね。

 

1.高断熱
住宅の壁や床などを通して熱が伝わらないように、室内と室外をエネルギー的にはっきり区切ることを「断熱」という。断熱工事によって、熱エネルギーの行き来が少なくなった状態が「高断熱」。

<①基礎断熱システム>
土台と基礎が密着し、外気を入れず床下を室内と同じ温熱環境にすることだそうですが、「ん???」と思ってしまった私はイラスト解説も交えてご案内したいと思います。

kobeblog755

断面からみると・・・

kobeblog756

上記の断面図からだとわかりやすいかと思うのですが、
左図:
外気が入り込んで、床下部分が[寒~い空間]になっていたのが、
右図:
土台と基礎が密着することで外気が入らず、床下なのに[暖か~い空間]をつくった環境のことだそうです。

 

→天端リスト
kobeblog759
ポリエチレン樹脂とEPDMゴム2本からなる「天端リスト」といったものを使用し、基礎の土台と木材の間に挟み込むことで、外気の進入を防いでくれ気密性を高めてくれます。

施工の様子を見ると・・・

 kobeblog760 kobeblog763
kobeblog761 kobeblog762 

 

間仕切り部分や窓枠部分も同様に、
適材適所に応じたパッキンでこちらも隙間なく貼っていきます。

→PEパッキン(間仕切り)
kobeblog757

 

→リッチパッキン(窓材周り)
kobeblog758

 

<②断熱材>
→スタイロフォーム
ポリスチレン樹脂を主原料とする発砲体で、ボード、板タイプの断熱材。

施工の様子をみると・・・

kobeblog769 kobeblog768
床下の内部へスタイロフォームが貼られていく工程になっています。
こちらを使用することで「基礎断熱」の環境が整えられていくんですね。
右画像:
ピンク系の泡になっている部分は、気密性を高めるため発砲ウレタンを使用して隙間を埋めた状態になっています。 

そして、このスタイロフォームには特長も9つ項目があるので簡単ですがご紹介まで。

【特長】

1:熱を伝えにくい
2:水を吸収しない
3:軽くて丈夫
4:加工が簡単
5:優れた断熱性能
6:様々な種類の断熱材
7:リサイクルが可能
8:商品の環境対応
9:厳格な品質管理体制

 

 

<③屋根通気層>
→ルーフスペーサー
寒暖の差が激しい屋根部分・・・。
そこに使用されるのが、耐熱性、耐湿耐久性、透湿性が高いPET不織布仕様のルーフスペーサー。

kobeblog769

実際のルーフスペーサーは下の画像からもお分かり頂けるかと思いますが、
不織布仕様のためフワッと軽くなっています。

kobeblog764 kobeblog765
このポコポコっとした「モーグルフォーム」と呼ばれるこの部分によって、[空気を流れやすくする通気性] [結露も発生しにくくする透湿性] [住居を長持ちさせてくれる耐久性]が備わった部材になっています。

 

施工の様子をみると・・・

kobeblog766 kobeblog767
屋根の内側、垂木間にルーフスペーサーが隙間なく並べられて行きます。

『高断熱』にする為に、こんなにも様々な部材があり、工程作業があるのですね。
様々な工程作業が進んでいく過程をご覧いただきましたが、いかがでしたか?
この次の工程も高断熱の役割もあるのですが、高気密の役割もあるため次回にご案内したいと思います。

 

完成後のお家見学会も予定しておりますので、イベント開催日時が決まりましたらご案内させて頂きますね。楽しみにお待ちくださいませ!
★イベント案内ページ

 

 

*【日本住環境株式会社】【ダウ化工株式会社】【goo辞書住宅用語集】
より一部説明文など引用させて頂きました。

*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○

お問合せのページもございますので、こちらもご利用下さいませ。
★河原工房お問合せページ

「ラ・フェルムのお家が見たいわ~♪」と思って下さった方は、こちら。
★河原工房 開催 「お家見学会」
※お電話でもお問合せ・ご予約を承っております。

”「ラ・フェルム」の雰囲気を感じてみたいわ~♪”
と思って頂いたお客様がいらっしゃいましたら、
西宮店河原工房リノベーションスタジオの方へお越し頂きますと、より雰囲気を感じて頂けますので、お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さいね!お会いできるのを楽しみにしております!

西宮店

lafermeblog51

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町9-1
(アクセス:JR西宮駅・南出口より徒歩2分)

河原工房リノベーションスタジオ HDC神戸店

kobeblog107

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-2-2 
ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
(アクセス:JR神戸駅すぐ)

Prev

Next

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら河原工房.All Rights Reserved.

tel:0120-36-1031

facebook

  • HDC神戸店

    〒650-0044
    神戸市中央区東川崎町1-2-2
    ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 西宮店
    (ラ・フェルム神戸)

    〒662-0912
    兵庫県西宮市松原町9-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 高槻店

    〒569-0823
    大阪府高槻市芝生町3-2-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら
河原工房.All Rights Reserved.