バリアフリーリフォーム:浴室編 | 神戸・芦屋・西宮のリフォーム、リノベーションは河原工房

  • 河原工房リノベーションスタジオ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-36-1031 メールでのお問い合わせ
  • tel:0120-36-1031

リノベーションスタジオブログ

リノベーションスタジオブログ

2016.02.08

バリアフリーリフォーム:浴室編

神戸・芦屋・西宮で一戸建てのリフォーム、リノベーションを手がけている
河原工房リノベーションスタジオです。
      

前回の「トイレのバリアフリーリフォーム」に引き続き、今回は、

「浴室のバリアフリーリフォーム」について、その内容を具体的にお話しします。
    

*********************
   

バリアフリーなお風呂って、どんなお風呂?

河原工房では、浴室のリフォームをお考えのお施主様には、
バリアフリーの要素を取り入れたリフォームをご提案しています。

高齢者だけではなく、家族みんなが安心して寛げるお風呂を作るにあたり、
以下のような、バリアフリー化の要素が上げられます。
   

1. 滑りにくく、温かな床材へ

タイル貼りの床は、滑りやすく、冷たく、転倒やヒートショックの危険があります。
床材の観点からも、ユニットバスへの改修は、
床が滑りにくくなり、保温性能も上がり、安心で安全です。
   

2. 床段差の解消

つまづきを防ぐために、脱衣室と浴室(洗い場)の床の段差は、
出来る限りフラット(2cm以下)にします。
    

3. 手すりの設置

浴槽へのまたぎ動作洗い場での立ち座りを助ける手すり、
浴室の出入りを助ける手すりなどを設置します。
   

4. 開き戸から折れ戸への改修

ドアは引き戸か折れ戸にします。
もし洗い場で入浴者が倒れたとしても、
折れ戸なら、少しのスペースで開くので、外から助けに入ることができます。
   

5. 浴槽はまたぎやすく

浴槽はまたぎやすい高さに。
昔のお風呂は深く、またぐ時に無理な体勢になってしまい危険です。
今の浴槽は、またぎの高さが40cm程で、またぎやすく安全性がアップしています。
   

6. ヒートショックへの対策

ヒートショック(急激な温度変化が身体に及ぼす影響のこと)による
高齢者の事故が多発しています。
ヒートショックを防ぐには、浴室や脱衣室に暖房器具を設置したり、
2重ガラスの断熱サッへ交換して、気温の落差を少なくすることが大切です。

 

*********************
   

では実際に、これらのバリアフリー要素を取り入れた、
安心で寛げる「浴室リフォーム」をご紹介しましょう!
    

シンプルに優しく、バリアフリーを実現!

kobeblog319

一見何気ない、シンプルなユニットバスへのリフォームですが、
折れ戸・手すり・浴室暖房・床段差を少なくするなど、
バリアフリーの要素が各部に盛り込まれて、安心できる浴室となりました。
また、掃除がしやすくなったことも、バリアフリーと言えるでしょう。
    

.....................

おばあちゃんも心温まる、バリアフリーなお風呂

kobeblog321

同居するおばあちゃんも安心して入浴出来るよう、ユニットバスに改修。

引戸の採用で、ゆったりと安全な出入り口となり、
またぎやすい高さの浴槽手すり、使いやすい高さのカウンターにより、
浴室内の安全も大幅にアップ!

滑りにくく、保温性能もある床材は、
サーモンピンクの浴槽とカラーコーディネートされて、
見た目も温かなバリアフリー空間となりました。

加えて、お掃除も楽になり、水漏れの不安も解消されました。
   

.....................

最後の実例は、リフォーム前の写真とともにご紹介します。

明るく機能的に大変身!

バリアフリーで寛ぎのバスルーム空間

以前は、暗く寒い浴室。
冷たいタイル貼りの床に、またぎの深いステンレスの浴槽でした。

kobeblog323

そこで、保温性安全性を考え、
ユニットバスを用いて最新の設備でリフォームしました。

kobeblog320

ホワイトのモダンな手すりが、黄緑色のアクセントウォールに映えて
明るく爽やかな、イキイキとした浴室空間となりました。

ヒートショックを防ぐ浴室暖房により、
雨の日も、洗濯物を快適に乾かすことが出来るようになりました。

kobeblog322

浴槽のまたぎも低くなり、両サイドに手すりも付いているので、
高齢のお父様も安心して、お湯に寛いでいただけるようになりました。

.....................

このように、在来工法のお風呂をリフォームされる場合、
バリアフリーの観点からも、「ユニットバス」をお勧めしています。

また近年、その危険がクローズアップされている「ヒートショック」については、
誰にでも起こりうることですので、
バリアフリーは、まだ関係ないと思っていらっしゃる若い世代の方も、
早めに対策を考えてみてはいかがでしょう。
   

.....................

そして、こうしたバリアフリーを取り入れた浴室リフォームを見ていきますと、
高齢の方を想定したバリアフリーの要素が、

ご家族にとっても、
安全で、快適で、寛げる浴室を実現している
ことが、見えてきます。

これが河原工房の考える浴室の「バリアフリーリフォーム」であり、

「ユニバーサルデザイン リフォーム」でもあります。

   
→河原工房の「お風呂リフォーム事例」はこちらから
 (クリックしていただくと、様々なお風呂の施工事例をご紹介しています。)

  
*********************
   

今回は浴室のバリアフリーリフォーム」について、詳しくご紹介しました。

3回にわたり バリアフリーをテーマにお話ししましたが、
バリアフリーの内容をより具体的に知っていただくことができたでしょうか。

.....................
     

河原工房には、福祉住環境コーディネーターが3名在籍しており、
大小含めますと年間400件程の介護リフォームをさせていただいております。
現在、不便や不安を抱えた方も、将来のために準備されたい方も
どうぞ安心して、お気軽にご相談ください。

★河原工房お問合せページ
(※クリックして頂くと、お問合せのページになります。)

また、西宮店では、アンティークな空間がご好評の「ラ・フェルム」を
HDC神戸店では、自然素材や古材を使ったオリジナルなリフォームを
実際に感じていただくことが出来ますので、
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

 

西宮店

lafermeblog51

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町9-1
(アクセス:JR西宮駅・南出口より徒歩2分)

河原工房リノベーションスタジオ HDC神戸店

kobeblog107

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-2-2 
ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
(アクセス:JR神戸駅すぐ)

Prev

Next

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら河原工房.All Rights Reserved.

tel:0120-36-1031

facebook

  • HDC神戸店

    〒650-0044
    神戸市中央区東川崎町1-2-2
    ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 西宮店
    (ラ・フェルム神戸)

    〒662-0912
    兵庫県西宮市松原町9-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 高槻店

    〒569-0823
    大阪府高槻市芝生町3-2-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら
河原工房.All Rights Reserved.