オーダーメイドの耐震リフォーム | 神戸・芦屋・西宮のリフォーム、リノベーションは河原工房

  • 河原工房リノベーションスタジオ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-36-1031 メールでのお問い合わせ
  • tel:0120-36-1031

リノベーションスタジオブログ

リノベーションスタジオブログ

2015.11.23

オーダーメイドの耐震リフォーム

神戸市、芦屋市、西宮市で 一戸建ての耐震工事や 耐震補強工事を手がけている
河原工房リノベーションスタジオです。
   

HPをご覧になってくださっている皆さまの中には、おそらく阪神淡路大震災を経験された方も多く、「耐震について気になっている方も多いのではないでしょうか。

河原工房は設立当初より耐震にこだわり、
1棟1棟、オーダーメイドのように対応するのが
本来の耐震補強だと考えています。

→河原工房リノベーションスタジオHP : 耐震補強についてのページへ

今回は、私たちの考える「耐震リフォーム」について、ご紹介したいと思います。
   

*********************
   

耐震補強って何をするの?

耐震という言葉は聞き慣れていても、実際はどんなことをするのか?
イメージしにくいことと思います。

河原工房では、まずは専門の耐震診断士が
じっくりと4時間程かけて、床下や屋根裏まで入り、「耐震診断」を行い、
「評点」という基準を元に点数化された診断書を作成します。

kobeblog167

この丁寧かつ緻密な手順により、
オーダーメイドの耐震リフォーム のご提案が可能となるのです。

具体的な補強方法としては、

■基礎の補強
■壁の増設や筋交いによる壁の補強
■補強金物による接合部の補強

などがありますが、ここからが、河原工房ならではの提案となるのです!

耐震補強を制限と思わず、
お施主様の希望を実現するプランニングへと繋げていく…

むしろ、補強部分がプランの魅力となっていくのです。
   

*********************
   

では、そんなオーダーメイドの耐震リフォームの実例をご紹介しましょう!
   

耐震で20年30年先も安心!

「夫婦団らんを楽しむ家」

kobeblog168

お施主様が購入された2階建ての木造住宅は、築30年。
ご結婚が決まり新居として、良いものは残しながら、住みやすくしたい…。
住居の耐震性にも不安があったため、「耐震補強」を実施。

腐っていた通し柱を撤去し、代わりに支えになる丸太梁を通すことで、
ご希望だった広々としたLDKを実現しました。
   

*******    

広々リビングを支える一本の丸太梁

この丸太梁の「込み栓」の位置に、通し柱がありました。
他の工務店では、「通し柱は抜けない」と言われたそうですが、
その通し柱の足元は腐っており、何らかの補強工事が必要でした。
そこで、通し柱の1階部分を切り、

代わりに家を支える為の「米松の梁」を新設。
荷重に耐えうる重くて強い5メートルの「丸太梁」です!

ねじれにも対応させる為に「込み栓」を使用。
込み栓は、土台で使われていた硬く圧縮に強い栗の木を含水率測定を経て使用。
何十年も自然乾燥し、強度もあるので最適な部材なのです。

このようにして 耐震補強しながら、広いリビングを実現しました。

*******

そして、キッチン横には耐震上どうしても必要な「耐力壁」がありました。

耐力壁をプランに有効活用!

このキッチンとリビングを分断している 「耐力壁」をプランに活かし、
「スライドドア」を設置し、耐力壁をそのドアの収納壁としました。

kobeblog173

上の写真は、スライドドアでキッチンとリビングを完全に間仕切った姿です。
エアコンや床暖房の稼働効率もアップし、省エネに繋がりました。
   

*******

そして、ご主人のご希望に、リビングで奥様が好きな映画を一緒に観ながら、
「夫婦共有の時間を大切にしたい」 という 強い想いがありました。

壁を補強しながら 「リビングシアター」へ!

kobeblog169

上の工事中の写真は、ソファが置いてある対面側になります。
この壁面を「リビングシアター」に設えるプランをご提案しました。

ご覧の通り、筋交いをしっかりと入れ、構造用合板を貼り、断熱材も入れ、

耐力壁として 「耐震性」を大幅に向上させながら

シアターリビングに必要な「防音性」「吸音性」もアップ しました。

kobeblog171

完成したリビングシアターです。
天井には、先にご説明した補強の為の丸太梁も見えますね。
通し柱を撤去したからこそ、視覚的に障害物のないシアターが実現しました。

このシアター、料理中のキッチンからの目線の高さも考慮してあり、
ご夫婦は、この広々としたLDKでの豊かな時間を楽しまれていることでしょう!

→ 兵庫県神戸市 築30年のお家を耐震リフォームした例を見る
  

*******

ちなみに、ブログ冒頭でご説明した耐震性の基準となる「評点」。
こちらのお家の評点は、リフォーム前の0.43から、1.17へと大きくアップしました。
   

このように随所に耐震補強を施し、安心な生活を確保しながら、

ご希望のプランとライフスタイルを実現するのが、

河原工房の 「オーダーメイドの耐震リフォーム」 です。

耐震補強を制限と思わず、

むしろ、補強部分がプランの魅力 となっていることを

感じていただけたでしょうか。
   

*********************
   

今回は、河原工房の考える「耐震リフォームについて」ご紹介しました。

耐震補強を堅苦しく捉えるのではなく、
安全と安心を得ながら、新しいライフスタイルを始めるきっかけとなることを
知っていただけたら嬉しいです。

  
お客様とコミュニケーションを重ねながら、思い描く住まいの理想を聞き出し、
それを形にしていくのが河原工房のリフォーム・リノベーションです。
お家の老朽化など、住まいの安全面での不安をお持ちの方も、
どうぞお気軽にご相談ください。

★河原工房お問合せページ
(※クリックして頂くと、お問合せのページになります。)

また、西宮店では、アンティークな空間がご好評の「ラ・フェルム」を
HDC神戸店では、自然素材や古材を使ったオリジナルなリフォームを
実際に感じていただくことが出来ますので、
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

 

西宮店

lafermeblog51

〒662-0912 兵庫県西宮市松原町9-1
(アクセス:JR西宮駅・南出口より徒歩2分)

河原工房リノベーションスタジオ HDC神戸店

kobeblog107

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-2-2 
ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
(アクセス:JR神戸駅すぐ)

Prev

Next

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら河原工房.All Rights Reserved.

tel:0120-36-1031

facebook

  • HDC神戸店

    〒650-0044
    神戸市中央区東川崎町1-2-2
    ハウジング・デザイン・センター神戸 4F
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 西宮店
    (ラ・フェルム神戸)

    〒662-0912
    兵庫県西宮市松原町9-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

  • 高槻店

    〒569-0823
    大阪府高槻市芝生町3-2-1
    受付時間:10:00~18:00
    定休日:日曜・祝日

    >MAPを見る

Copyright ©神戸市のリフォームリノベーションなら
河原工房.All Rights Reserved.